R30 / noborito sound manufacturing

01:A NEW MACHINE PART.3
02:YOU WANT ME
03:GIVE IT TO ME
04:LOOSE
05:TRANCE THE CLIFF ROCK 2ND
06:ARMAGEDDON SPRINT (GI)
07:RAGING ON THE BURNIN' ROAD
08:RE-RUN PAC-MAN RE-RUN
09:BLUE CONCORDE
10:NEW RALLY-DRMN-X
11:LIQUIDFLAME

illustration by 藤島じゅん(しろくろ)
assembled by BLACKHEART

released at 2012/10/28.



そんなシリーズはなかったと思っていたんですが、RRRのパッケージを見返してみたらしっかりと「Ridge Raver Project is NOT over...」とか書いてあったのでそのままシリーズ化させて頂くことにしました。まあ次にいつ作るんだと言われるとわかりませんが・・・

M3第30回発行だったわけですが、M3は一応初回から皆勤で全回サークル参加(ちなみに第1回で出したのはRIDGE RAVER REVOLUTION 0.765ギャルゲー中心赤)しておりましたので一応30回記念と言うことでR30。だから今回で出さなければ意味がないという色々。というか今このページ編集しててRRR0.765のページに「M3も10回を越えまして...」とか書いてあっていつこれ書いたんだと言う。まあSYSTEM22礼賛気味(特にSYSTEM SUPER 22)な内容に仕上がっているので一般的なR30の「30歳未満お断り」的な意味も多分には含まれていますが。超一流Yamajetに当日ニッチすぎてこんなん売れねえよと素で言われたり。実に正しい意見です。しかしsuper R-TYPEのアレより売れないとは思ってなかったけど・・・

みての通りジャケのイラストはゲーメストの投稿コーナーでおなじみ?(俺的にはおなじみ)のしろくろ(藤島じゅん)さんにお願いしました。元々ナムコものメインで同人始めた自分としてはしろくろさんにナムコネタで描いて貰うというのは野望の一つだったわけですが、野望が達成できてなによりという反面ロクに売れもしない企画(ギャラ分はなんとかはけたけど)に無理言って描いてもらったのが申し訳ない反面など当日終了後はかなり帰宅中ヘコんでいたりしました。まあ数年ぶりの2徹明けで脳が死にきっていたってのもありますが・・・


今回久々に「一人で10曲以上」とか「ジャケ有り標準ケース」とかやったんですが組み立てとか生産工程的なのをかなり忘れてて組み立てが結構苦労しました。標準ケースで組み立てるのはガレッガ以来ですけど、ガレッガは印刷業者出した上にジャケはないのでジャケ有りだとそれこそR3extraまで坂登るんですよねえ(STGBTL3もジャケ無し、OHPのみ)。1イベントで10曲以上作ったのもたぶんこの時以来なんですが。25歳と34歳じゃ体力が全然違う・・・

まあ集大成と言うには若干内容に微妙な部分が若干じゃないくらいありますが、ある程度まとまった形にはなったとは思うので(同人自体はもう16,7年やってますけど)M3で15年やってきたところの一つの区切りとしてはまあまあかなあ、と(一応完成後一週間経っても珍しく全曲飽きたって事が今のところ無いので)。


ああちなみに今回からnoborito〜とかつけましたが、全回R3extraの時までは実家でしたので。


では各曲の無駄な解説的な。ちなみに今作synth1率が異様に高いです。軽いし音作りがやっぱり楽すぎる。なので悪い箇所も似通るという・・・(中域が薄とか抜けが悪いとか


01:A NEW MACHINE PART.3 / from RIDGE RACER 6,RIDGE RACER 3D

元ネタはリッジ6の新車ゲット2。そこに3DSのグリッド曲を色々。曲が短いのでサンプルはご容赦。

ピンクフロイドの某曲のコラージュだってのは一体何人の人がわかるんだろうか(配布数は12/11/5の時点で52枚)。

02:YOU WANT ME / from RIDGE RACER 6
リッジ6のCrossbay Tunnel(360°コーナーがある面)。

この曲は作る前からイメージができあがっていてと言うかイントロの9thのシーケンスと303のラインを組み合わせるというテーマが始めからありました。表で鳴ってるのはsynth1で裏で鳴ってるのはVirusC(こいつも長いこと使ってますなあ)。ある程度イメージ通りには仕上がったものの303とベースの兼ね合いで低域が若干弱めになっちゃった感じが。でもこれ以上ベース前に出すと303とかぶるのよねーとか。ABLはproじゃない方が使いやすくて良いです。今聞くとHertzの某Fowardっぽいよ。


おまけ。原曲と差し替えてみる実験。こう言うのは前からやってみたかった感はあるので。
走行がヘタすぎるのはカンベンして下さい。intensityで録画。



うん。イマイチ。

03:GIVE IT TO ME / from Alpine Racer
元ネタはアルペンレーサーのタイムトライアルコース。

しかし選んだ理由は前の曲が「YOU WANT ME」なのでそれに引っかけてと言う・・・タイムトライアルコースなのは偶然。まあR3extraでテーマ曲やっちゃったし。歌は・・・以下略。元々テンポの速い曲でもあるしコード的にもドラムンかなーと言うことでドラムン。サビ入る直前が気に入ってます。FMブラス(そういう音ではないんだけど)っぽいのがテキトー過ぎる。


ちなみにバックインレイがアルペンレーサーになったのはしろくろさんからのアイディア。謝。元々は乗用車に「ナムコキャラ乗っけて、テーマ外だったらそのキャラの曲やるから」って言ってたんですがいろんな意味でアルペンレーサーになって良かった。てっきり泊h以下略

04:LOOSE / from ACEDRIVER Victory Lap
元ネタはアセドラの曲で色々。タイトルはLudeから引っかけてますけど開幕からオープニング曲とか色々です。

元がユーローな曲だらけなので逆に速いままはアレかなと言うことで低速に。つかLude成分より他の曲の成分の方が多いな。ていうかオープニング曲成分多すぎ。あとコード進行がガレッガ2面くさい。

05:TRANCE THE CLIFF ROCK 2ND / Prop Cycle
元ネタはプロップサイクルのアレ。

元々はIndastarn(鍾乳洞じゃない方)をやる予定でしたが前日まで全くネタが出ず結局はダートダッシュの音色と9年前に作った音を足して色々作るという・・・ジャケにプロップサイクルを描いて貰った以上落とすわけにもいかないというなかなかヘタレな結果に。まあこのジャケを見て何人プロップサイクルと即答できるのかはわかりませんが(ラピュタだのプリルラだのトイポップだのいろんな見解が出ております


しかし原曲サビ部のこの壁のようなリードはまねられない。

06:ARMAGEDDON SPRINT (GI) / Armadillo Racing
元ネタはアルマジロレーシングの「スプリント」。メインのピアノはテキトーに弾いてテキトーに修正した割にはそれなりにオクターブ連打がいけている。

原曲が短いため元から小ネタのつもりでしたので競馬ネタで色々仕込んであります。開幕は川崎の交流重賞、最後は浦和の確定(浦和競馬場は確定時にファンファーレが鳴る・・・らしい、南関では浦和だけ行ったことないので自分は未確認)。途中に関東GI(JRA)、関西GI(JRA)、宝塚(JRA)、東京ダービー(TCK)、一般旧ファンファーレ(TCK)が入っております。TCKのファンファーレは全体的に前の方が好きでした。一般戦(下記の参考資料?の1:30くらい)はあのFNNとかの短時間ニュースのジングルみたいな感じが。ついでに交流GIも前の方が良かったなあ(アジュディミツオーが勝った帝王賞のが近年では一番演奏が良い、レースも名勝負)。


ちなみに船橋の交流重賞も作るだけ作りましたが、独特すぎてリフで使うには使えませんでした・・・余談ですが船橋の一般特別戦のファンファーレは「競馬ゲームとかで聴いた様な、競馬を知る前に抱いていた昭和なファンファーレ」に一番近い気がする。参考資料?はこちら。船橋競馬は良いです。近所に欲しい。


さらに余談ですが、今日(12/11/5)JBCが川崎でありましたが(だから川崎を先頭に収録した)、生ファンファーレちょっと演奏酷かった。特にチューバ。あとなんでループ短いの・・・ちなみに「スプリント」はラブミーチャンから勝って爆死。若干出負け気味の上に行き過ぎだろ・・・クラシックのアキュート×シビル丼で回収したのでいいんですが。


SONICSTAGEで吸ったら(GI)が小文字になっててちょっとガッカリ。

07:RAGING ON THE BURNIN' ROAD / from RAGE RACER,RIDGE RACER 3D
元ネタはリッジ3DSのBurn Up The RoadでレイジのRAGE RACERを色々。

以外にオケはまとまった割にはギターのリフが酷すぎるので台無し感満載。ちなみにドラムのパターンはBOOWYの高橋まこと氏が結構やってたフロアタムを8分で叩く奴をイメージで作ってます。意外と悪くない。ギター以外は。ちなみにギターとRAGERACERのシーケンスていうかシンセ音以外の要はリズム隊の音はパルセラで出したXak3とかWOODSOFTで出したドラキュラFCのストーカーとかと全く一緒。音作りは色々変えてるけど。意外と悪くない。ギター以外は。

というかこの曲キーがF#なので標準のチューニングから1音上げとかにしたんですけど元々0.10〜0.52張ってたのでテンションかかりすぎてめちゃめちゃ弾きにくかったという・・・


ストーカーって言ったら女こどものストーカー様ですよね。わりと最近まで「顔と唇が異様に大きい、棍棒持ったカッパ」だと思っていたんですが。

まさにカッパー。ゲーム違う。


カッパーと言えば最近FF6GBAを一通りクリアしましたがホーリードラゴン改戦がタイマン状態になっててアツかったです。エドガーでライトブリンガー+英雄の盾+リフレクトリングでウィークメーカー聖。あとは相手にもリフレク。ダメージ→心ない天使→打撃3連続回避→セイントビーム(またはケアルガ)で回復とか、別に制限プレイでもないのに無駄に瀕死と全回復を行ったり来たりするのでアツいです。ソウルオブサマサ+スリースターズ+クイック→アルテマ×5でとっとと殺せとかいわれたらお終いですが(足りないか?)。リボン無しスカルドラゴン改戦もアツい。

ゲーム違う。

08:RE-RUN PAC-MAN RE-RUN / from PAC-MAN Championship Edition DX
元ネタはパックマンCEDXの曲を色々。

一応全一経験者(今はこのコースは20位/20000人ぐらい、画像無いけど他のHALFとSPIRALでも一度ずつ全一経験有り)としてはやらなきゃいけないかな・・・と(そんな縛りはない)。今聞くとD.Digglerの某Acid Brainっぽく聞こえるのは気のせいか。気のせいです。


どーでもいいけどタイムアタック全般の上位外人組はどーみてもチート級のタイムにしか見えないんですけど・・・とりあえず日本人1位もしくは全コース10位以内を狙います>ショートトライアル総計 まあこのゲーム本気でタイム狙いに行くとギターが弾けなくなるどころか弦握れなくなるぐらいマメができるのでやるなら短期間でパッと結果出さないと無理なんですが。

09:BLUE CONCORDE / from DIRT DASH
元ネタはダートダッシュのHILLスタート。BLUE DRAGONで小屋ぶっ壊してジャンプ台からヤフーです。タイム狙うならSNOWスタート。

まあこの曲は前々から機を見てやりたいなーと思っていた曲ではあるんですがなかなかタイミングとか合わず色々、など。音取りが難しいとかも。今作異常にsynth1を投入しましたがこれは例外的にLargo弄ってトランスっぽい音を作りましたがアタック感がそこそこ出たので出来はこの中では気に入っている方です。飽きる要因が少ないからってのもあるけど。


ちなみにこの曲おやつ三角さんかjohn相原さんだと思っていたんですが・・・M3当日にquadさんとこ行ったら隣が佐野さんだったので職○的なアレもあってお世話になってますぅーみたいな徹夜明けのノリ(実際2徹明け)で挨拶で渡してきちゃいましたが、後日加山。の人からこちらを教えられましてを教えられまして「リッジ2のGRIPと双璧を成すほど好きな曲」とか書かれているのを見ると、あー身分明かして挨拶しちゃってよかったのかなーーーでも俺直接やりとりする部署じゃないからいいやハハハみたいな最低な開き直りをしています。ちなみに明大工学部って書いてあるから一応先輩に当たるのよね。俺の時は理工学部ですけど。


以前も挨拶したされたどーこーという話が出たけど、それは多分M3一桁台、というか初代RRかRRRのどちらかなんだよな・・・俺まだ学生。GRIPも大昔にR3でやったけど佐野さん出演した某extraでか別の人がかけたらしいんだよね、イベント行ってないんで人伝に聞いただけなんですが。DS-10のイベントじゃなくてもっと昔の方。2002年とか2003年とかその辺くらい。みらゐさんが出てたような記憶が・・・

10:NEW RALLY-DRMN-X / from RALLY-X,RAVE RACER
元ネタはニューラリーX・・・だけどオリジナル(もはいってるははいってるけど)じゃなくてレイブのコーンアタックの方。あとProject第1弾(今書くとなんか恥ずかしい)、初代RidgeRaverでUJYが作ったRALLY-DRMN-X。どっちかっていうとコレのリミックス(ほんとに切り貼りしてるので)に近いかも。あとはいろいろ個人的イメージなドラムンなループとかシーケンスとか色々。

ちなみに同時期に出たパルセラの96024にもラリーX(こっちは無印がメインかしら・・・って無印メインは9624XXんときですね)も入ってて、なにやらニューラリーX対決の様相を勝手に呈していましたが、どー考えても負けているような気がします。まあ俺はこういうネタのは作れないからなあ。


「じゃんぐるはもうこりごりだぁ」

11:LIQUIDFLAME / from RAVE RACER,RIDGE RACERS
元ネタはレイブのクレジット画面にPSP版の曲で色々。ラリーXで終わらないという所に意味があるわけで。

別に手型でカウンターにファイラとか氷のロッドで瞬殺とかではありませんよ???


ちなみにジャケット裏に入れといたM3回顧録が何故か身内で好評なので無編集で下にまとめておきます。無編集。


------------------------------------------------------------


Di○erseの老害ぶらっくはーとがお届けする、あまり抑揚のないM3皆勤15年の歴史(◎:M3での頒布・参加作品・・・覚えてる範囲で)

第1回:1998/3/21 東京文具共和会館
  ◎矩形派・工場医院会 / 矩形派・工場医院会
  ◎ギャルゲー中心・赤盤 / 矩形派・工場医院会
  ◎RIDGE RAVER REVOLUTION Ver0.765 / CLEVER DYNAMOS RECORDS
   記念すべきかどうか不明の第1回。デフォで椅子4つに長机ひとつ。ちなみに成人直後(78年1月生)。神ドライブYAMAHA CDR400全盛期。
   今作勝手に「RIDGE RAVER Project」とかつけましたけどそんなシリーズはありません。後付けです。Rouge Racerはゲスト参加なんで除外。
第2回:1998/9/20 TRC(東京流通センター)
  ◎タイトー中心 / 矩形派・工場医院会
   コミッククリエイション併催。併催の影響で人はすげー多かった印象。一気にスペースも狭くなってきた記憶も。
   ジャケもアレだし中身もアレな今聞くと最悪な一枚。この後矩形派内でちょっとした展開が発生。
第3回:1999/4/18 東京文具共和会館
  ◎特になし。
   この前の冬コミで音ゲーもの一発目「beaterror / CLEVER DYNAMOS RECORDS」を出したけど春は特に何もしてないのね。
   この頃はコミケに出ていたころなので比重的にはまだコミケの方が大きかったのよね。
第4回:1999/10/3 東京卸商センター
  ◎ShootingBattle2ndAttack -Operation.micromind- / CLEVER DYNAMOS RECORDS
   こっから知られてる方の浅草橋。jitometaroと二人で売り子してた。一般のお客さんがちょっと増えたような記憶。冷房でえらく凍えた。
第5回:2000/4/23 東京卸商センター
  ◎terra herz / 矩形派・工場医院会
   矩形派名義では最後の一枚。つかUJYの人はこの手のイベントこれが最後何じゃないだろうか。
   騒音でブチ切れしてた記憶有り。OHP(&マイクロドライ)の達人を知ったのは確かこの回だったような気がする。
第6回:2000/11/5 TRC(東京流通センター)
  ◎BEATING SURVIVER / BLACKHEART Vs SLK
   まさかの併催2度目。しかしこの後10年経って会場フル活用するハメになるとは想像してなかった。
   そして10年経って職○が企業で参加してくるとは夢にも思っていなかった。ちなみに内定直後。
   ちなみにこの開催、ポプステとDDRが会場内で稼働してたとは最近の人は知らんでしょう。某店員と初遭遇なのはこのとき。
第7回:2001/4/30 東京卸商センター
  ◎BEATING SURVIVER IIDX / B#S#C
  ◎Color me pop'n EX / Silly Walker
  ◎ファミコン歯科 / Silly Walker
   まあ確かに1枚1500円はねーよなあと反省はしている。あとA3での6頁ジャケ印刷も反省している。
   BS2で作ったTaQ曲詰め合わせアレンジは数少ない自分の中で今でも聴ける曲。9割8分以上の曲は聴けない。
第8回:2001/10/21 東京卸商センター
  ◎BEATING SURVIVER 3 / B#S#C
  ◎KB -KEYBOARDMANIA arrange trax- / Silly Walker
  ◎MGGG / Silly Walker 第10号
   尻でキーマニとかメガドラとか。というかこの辺の時期は尻のスペースで参加してるんだよね。
   novation / NOVA俺の中で全盛期。あと今は無きQuasimidi回り。この辺から鍵(Kanon)効果で音系急激に増えた印象(コミケでかもしれんけど
第9回:2002/4/28 東京卸商センター
  ◎P.I.C.(S) -PLEASE INSERT COIN(S)- / Silly Walker
  ◎BEATING SURVIVER -Another- / B#S%C&&T
  ◎Diverse SYSTEM Original / Diverse SYSTEM
   P.I.CとかDSOとか出てるので意外にも作った曲は多い。若さってギャバン。
   某久保田修氏が出ていた・・・様な気がする、というか買ったものリストに名前が。BS4のジャケはOHP活用ネタでは一番の出来。
   前の冬コミでD4参加だのR3だの出してたんで密度的には一番濃い時期かなあ。そういや01年冬コミは壁だったような記憶が・・・。
第10回:2002/10/28 東京卸商センター
  ◎TECHNIX tips -Ver.BETA- / BLACKHEART
   なんとテクニクアレンジ。当時は全曲やろうと思ってたけど何処で心が折れたか。隣にみらゐ(彗星堂さんとこに委託?)さんがいた様な気がする。
   個人的に「ぱんださんようちえん(とVirgin Emotion / Original Image)」を越える同人CDは未だ現れず。そしてさようなら浅草橋。
第11回:2003/5/4 大田区産業プラザ PiO
  ◎BEATING SURVIVER SELECTED
  ◎pop'n cooking / Silly Walker
   よろしく蒲田PiO。歌モノはこの時期が一番やってる感じ。まあこの頃は尻でもそこそこやっていた時期。最後の華あたりか。
   どっちかっつーと「R3extra」とか「しろまるの詩(paraoka respect special)」とか出した夏コミの方が濃い。
   ちなみにBSベストは人生唯一のプレスCD(バルクだけど)。バルクでも二度とやることはないでしょう。某「解放」はこの辺の時期だったか。
第12回:2003/10/11 大田区産業プラザ PiO
  ◎ギャルゲー増刊 -D.C.E- / Silly Walker
  ◎FLOTAGE -SLAKE Respect Special- / Silly Walker
   SLAKEリスは曲かぶり無しという前提だったので曲選ぶのに難儀した覚え有り。「僕と僕らの夏」のアレンジはも一回やりたいかなあ。
   蘇民祭 in 桜高スペシャルでモチロンソウヨーの人が弾いてるアレの真○管の作業してたのは確か第11回からこの辺の時期。
第13回:2004/5/2 大田区産業プラザ PiO
  ◎EASTMEETSWEST / BLACKHEART
   意外にもコレはM3で出していたか。マ弟子には結構無理いってイラスト描いて貰った割には中身が追いつかなかった感大。
   「ぶらは堂本舗」という名前はこの回から使い出した様子。このちょっと前にnoboritoに転居。
第14回:2004/10/10 大田区産業プラザ PiO
  ◎特になし。
   自我崩壊しそうな時期。当日台風直撃で×の人の車が冠水とかでイベント後の方が大変だったような記憶。
   この年の夏に「STGBTL3 / CLEVER DYNAMOS RECORDS」を出して以降コミケには出場せず。
第15回:2005/5/1 大田区産業プラザ PiO
  ◎なんかサンプラー的なモノを出してたらしいですか全く覚えてない
  ◎あとはbeaterror + rhythm alert詰め合わせを出してた様子
   この前にコミレヴォFINALでマルチ(ToHeart)のアレンジを最後に、夏コミ開けに尻脱退。この年ロクに曲作らなかった記憶がある。
第16回:2005/11/13 大田区産業プラザ PiO 
  ◎特になし 
   サイト日記にもmixiの日記にもこの日のことが全く書かれておらず不明。尻抜けた後なので余所様で曲出すとしたらPulse Therapyしかないけど、
   パルセラも過去作ページが消えてるので確認のしようがなかったり(vgmdbでも全部は引っかからない)。時期的にATG8あたりかしら。
第17回:2006/5/1 大田区産業プラザ PiO 
  ◎ノボリトノットソロワークス (余所様で出した曲集的なモノ)
   盤面にIRCログを貼り付けるという全く新しい(新しくない)デザイン、うおおおおおぉぉぉ(自粛 
   あと写真ログを見る限りATG Rebirth2に参加してそう。バイナリィ・ポットの歌モノやったら一悶着あったとかいろいろ。あれ?もうちょい前? 
第18回:2006/10/9 大田区産業プラザ PiO 
  ◎BATTLE GAREGGA Anthology / ブラハドウ一党(ソロじゃないので 
   ガレッガ10周年企画。方々で「?」を貰いましたが、しろくろ(藤島じゅん)さんに描いて貰ったのは今でも正解だと思ってます。
   当日別のイベントが同じ会場であったらしく、開場前に100人ほどの女性待機列が出来ていてギョッとした記憶。ちなみにこの回から抽選制。
第19回:2007/4/29 大田区産業プラザ PiO 
  ◎特になし 
   パルセラで後のふたなり虫CDに繋がる曲を出したりしたけど自前では特になし。というか超一流Yamajet企画「Rouge Racer」をウチで委託してり。
   イベント後の打ち上げでmiromu、Yamajetと3人で超黒いトークしてた印象の方が大きい。同席してたOHPの達人に土下座のログ。
第20回:2007/10/8 大田区産業プラザ PiO 
  ◎ウラハドウホンポ0710 
   日記ログを見る限り打ち上げでshun_の人を弄りまくっていることしか残ってない。「夜のポケモンバトル」とか。
   この辺の時期からジャンル的に混沌としてきたような記憶があるなあ。インディーズっぽいのとか東方とか。もうちょい前かしら?
第21回:2008/5/14 大田区産業プラザ PiO 
  ◎特になし 
   どーも連休中ではなく一週後だった様子。なんかこの辺の時期は惰性で参加してる感が強いなあ今見ると。
   一ヶ月後に黒虫ふたなりオリパルでようやく20億到達。結局30億は到達せず。いまだに3ボス10万走行突入が安定しないというかもう突入できない。
第22回:2008/10/13 大田区産業プラザ PiO 
  ◎ウラハドウホンポ0810 
   虫のサンプルみたいな奴。確か。BLACKSTARの機材にハマり始める。HT-5は非常にいいアンプです。
   イベント終了後の退散時に会社の後輩につかまる。「今回でもう出るの3回目なんですよー」とか自慢される。甘い。
第23回:2009/5/5 大田区産業プラザ PiO 
  ◎ウラハドウホンポ0810(○刊わたしのはいてない前編)
   方向性不明。某TOKYO COLORSのパロディとかがひどい。手抜きをする組み立てのはずが逆に手間がかかることに。予定より重い!
   さらば蒲田PiO。末期のキャパオーバー具合はほんとひどかった。行くのは個人的には楽だったんですけど。
第24回:2009/10/11 横浜港大さん橋ホール 
  ◎特になし 
   まさかの大桟橋。会場的には失敗以外の何者でなもない。見所は一般開場直後の与作の遠足。隣が某Jupiterの人だった確か。
   この日の毎日王冠で3連単をゲット。月末のゲームレジェンド当日に単勝5000円ゲット。
   イベントとカブった日のカンパニーの馬券は当たるというジンクスが俺の中で出来た(マイルCSはマイネルファルケに突っ込まれる)
第25回:2010/5/5 TRC(東京流通センター)
  ◎ウラハドウホンポ1005(○刊わたしのはいてない後編)
   ひさしぶりTRC。虫CD一応完成。あいかわらずパロディもひどいんだけどガルーダネタは割と気に入っていますが。
   イカール祭とか曲名も色々ひどい。この数年後に「イカ○」にスポットが当たるとは思っていなかったんだ・・・(関係無い 
第26回:2010/11/1 TRC(東京流通センター)
  ◎7 Locations / BLACKHEART 
   まさに誰得感のあるSUPER R-TYPE(AC R-TYPE IIのSFCダウンサイズ?版)アレンジ。当然のごとく全く売れず。
   あと(プリンタ的に)おそらく最後になるであろう白色OHP印刷。デザインといい印刷といいOHPの達人に感謝。
   余りに売れなかったせいか、100部限定のはずのOHP白色印刷の在庫がまだ余ってます。
第27回:2011/5/1 TRC(東京流通センター)
  ◎特になし 
   右隣のサークルさんがOHP使ってたので達人と検証してた記憶。
   どーもデバ関連で名前を知られていたようですがそんなに悪名だけ流れてるんでしょうか。
第28回:2011/10/31 TRC(東京流通センター)
  ◎Phenom&Dice Prot's 
   OHPの達人との合体申込開始。秋天でぶらは堂◎印トーセンジョーダンの単勝3000円ゲット。
   ヘタするとここ10回の売上総計より高いんじゃないだろうか。そして俺の聖域に職○登場。
第29回:2012/4/30 TRC(東京流通センター)
  ◎特になし 
   明確に20回以降モノ出すペースがガクッと落ちてますね。ゲストはちょこちょこやってますが。そして俺のスペースにまで職○登場。
   パルセラで作ったXi[xai]のアレンジは自分的には数少ない「出してから一ヶ月経っても聴ける曲」なんですが外部からは全くのノーリアクション。
第30回:2012/10/28 TRC(東京流通センター)
  ◎R30 / noborito sound mafufacturing 
   めでたく30回。そろそろ人生の半分M3に出場してることになるという。
   同人自体は96年からやってるのでもう人生の半分にちょうど来たところでございます。
   manufacturingとか書いてますが相変わらず家内制手工業的に生産してるので全くマニュファクチュアでない。ぶらは堂に産業革命は起きません。

   秋天の本命決めてませんけどフミノイマージン出てこないかなあ(M3当日1540発走!)


------------------------------------------------------------


※店舗委託を行う予定はありませんので通販などご希望の方はメールにてご連絡ください。